ストラックスの自転車雑記

貧脚フーヴィアンが自転車に乗ってみた。自転車を中心に色々書いてみます。

R250サドルバッグラージを買ってみた

[ロードバイク][レビュー]

ストラックスです。
R250のシートバッグを買ってみたのでそのレビューでもしてみます。

購入の動機

登山好きの家族がいて家にツェルトがあるから、今流行りのバイクパッキング でキャンプツーリングをしてみたいと思ったため(まだシュラフ買ってないけど。シュラフ高すぎる)。あとはあったらロングライドの時便利そうだから、とか半分勢いで購入。
なぜこのR250にしたかというと値段が安く信頼性がありそうなのはこれだと思ったから。信頼のトピーク製のものも考えたけどストラックスの愛車ALLEZ Sprint号はアルミのくせにシートポストがエアロ形状(前後5cm!)で無理そうだったので断念。

開封の儀

省略。商品がガサッと透明なビニール袋に入っていただけだから。低コスト万歳。

使う前に眺めてみて

まずデカい。最大14Lあるから当然なんだが。ツェルト、シュラフも余裕で入りそうだ。着替えもいけるかも。多分いける。
サドルに近い先端部分の生地は比較的厚手で型崩れしづらそうなのに対し、シートポストと反対側の方は結構薄手だから荷物を入れ込まないと走行中折るだろう。実際そういうことが書いてある他のレビューもあるし。でもバンジーコードや反射材など細かい配慮がなされて安っぽい印象は受けない。ロールアップ式なのも容量を容易に変えられるから良い。
あとシンプルなデザインも良い(もちろんアピデューラがカッコいい。高いけど)。
class="figure-image figure-image-fotolife" title="取り付けた図 容量は最小(6L) 
エアロシートポストにもしっかり対応!">f:id:straxFromINCT:20180328223559j:plain

取り付けた図 容量は最小(6L) 
エアロシートポストにもしっかり対応!
f:id:straxFromINCT:20180328223604j:plain
R250のロゴなどが反射板になっていて光る。
f:id:straxFromINCT:20180328223611j:plain
タイヤとのクリアランス サドルレール-タイヤ間の距離は最小22cmぐらい

使ってみて

容量を一番小さくして(6L)20kmぐらい走ってみた。中身は厚手の上着とか鍵(ABUSのでかいやつ)とか。
シッティングで淡々と巡航している分には全く問題なし。存在感もあんまりない、が他のレビュー通りダンシングするとバッグが振られてテンポがずれる。でも思っていたよりは振られなかった。多分

総評(笑)

大変コストパフフォーマンスが良さそう。耐久性とかは分からない。無事キャンプツーリングをしたらまた書きます。

ストラーダスマートを使って見て

現在ストラックスはキャットアイストラーダスマートを(以下ストラーダ)使っております。誰かの役に立てばいいなと購入の動機と使用していて思うことを書いてみます。

 

なぜストラーダを購入したか

 以前は同じくキャットあいの有線式のサイコン、VELO9を使っていたのですが電池の消耗が激しくなりご臨終だと判断したのしたのです。その後しばらくはStravaで記録を取るだけだったのですが、茨城で行われたサイクリングイベントで前半に飛ばしてしまい後半にバテてしまいました。それにより現在のペースを客観的にみることができればいいなと思い良さげなサイコンを探し始めました。

 最初は5000円前後のものを考えていたのですが多くのブログで最初からいいものを買っといたほうが後悔しないとあったのですが流石にガーミンを買う予算があるわけはなく、手の届く価格で心拍計を使え、スマホと連携できるストラーダに決定しました。

 

使用していて不満に思ったこと

 以前はhuaweiのP9 LITEと接続してミラーモードで使用していたのですが信号で停止したりするとサイコンとスマホの接続が切れ、センサーのデータが表示されなくなることが多くありました(こんな時にはスマホのスリープボタンをポチっと押して刺激してやると復帰します)。ログは途切れていなかったのですが毎回気をつかはなければならないのは嫌なのでiOSバイスと使用してみたところその問題はなくな理ました。だから原因はP9側にあったのかと思われます。これから購入するという人は対応機種をよく調べるといいと思います。

 不満はもう一つあります。それは通知機能です。自分はGmailを主に利用していてぜひこの機能の使おうとしていたのですがGoogleでログインしようとしたところ、グーグルからこんなようなダイアログが...

「『Cateye cycling』は信頼性に欠けるアプリです。」

結局この機能はいまだに日の目を見ておりません(電話は連携できたよ!!使わないけど)。

 

使用していてよかったこと

 心拍、ケイデンス、速度の記録が取れる!その場で見られる!

まあ当然ですが比較対象がVELO9なのでこれで大感動しました。また本体が小さく主張しすぎないため好ましいです。スマホかと錯覚してしまうようなでかいガーミンよりは好きです。さらにクリックテックのカチッとした確かな操作感はタッチパネルや軽いキーボードなどでは味わえない心地よさがあります。

150kmに満たない程度の距離ではスマホのバッテリ切れを心配する必要は全くないです(使用環境によるのでしょうが...)。

 

総括

 こうしてみると悪い点ばっかりなように見えますがそんなことはありません。

スマホを持っている人にはお勧めできます。なければこれを選択する必要はあまりありません。(今時そんな人はなかなかいないのかもしれませんが...)

 

 

 

最初の投稿

ストラックスです。最初の投稿ということでとりあえずなんか書く。

このブログを始めた動機

腕を怪我して自転車にも乗れず勉強以外に特にすることもないのでせっかくだからやってみようと思いアカウントを作った。

 

このブログの主な話題

メインはロードバイクのメンテナンスやロングライドの記録。でもたまにドクター・フーやアメコミについてもなんか書くかも。